青汁の嘘?本当?

青汁で歯が変色するって本当?嘘?

黄ばんだ歯よりも真っ白な歯の方が清潔感があって、いいですよね。
歯の色が汚いとそれだけで印象が悪くなるので、みなさんも日頃から気をつけていると思います。
ただ、気をつけていても日頃からタバコを吸っていたり、コーヒーや赤ワインを飲んでいる方は、
歯が変色してしまうことがあります。

一般的に色の濃い飲み物は歯が変色しやすいといわれています。
そうするとちょっと怖いのが青汁です。
青汁は色がかなり濃いので、歯が変色しないか気になりますよね?
実際、青汁で歯が変色するなんて噂もあるので、無視することはできません。
そこで、青汁が歯に与える影響についてお話したいと思います。
歯の変色が気になって青汁を飲むのを躊躇しているという方はぜひ参考にしてください。




■歯が変色しやすい食べ物・飲み物
最初に歯が変色しやすい食べ物や飲み物について説明します。
歯が変色しやすい食べ物・飲み物は、以下の2つに大きく分けることができます。

・ステインが付着しやすい食品
歯の色が変わりやすいのは、コーヒーやお茶、赤ワインなどです。
コーヒーやお茶にはカフェイン、赤ワインにはポリフェノールという成分が含まれています。
カフェインやポリフェノールは、ステインと呼ばれる着色汚れを引き起こす成分として有名です。
タバコに含まれているニコチンもステインを引き起こします。
ステインは非常に落ちにくく、一度歯に付着するとそう簡単に落とすことができません。
綺麗に落としたい場合は、歯科医院に行くしかないでしょう。

・色素の濃い食品
色の濃い食べ物や飲み物も歯の変色を引き起こす可能性があります。
代表的なのがカレーやケチャップ、ほうれん草、キムチなどです。
これらを食べて歯磨きをせずに放置すると歯が変色する危険があるので注意してください。


■青汁は大丈夫なの?変色しない?
青汁は色素の濃い食品に分類されますが、飲み続けても歯が変色する可能性は低いです。
青汁の緑色はクロロフィルによるもので、ステインの原因にならないといわれています。
そのため、青汁で歯が変色することはまずないと考えていいでしょう。

ただ、注意したい青汁もあります。
それはお茶が配合されている青汁です。
お茶にはステインの原因になるカフェインやタンニン、カテキンなどが含まれています。
少量なら問題ありませんが、配合量の多いタイプは注意した方がいいかもしれません。


■青汁で歯が変色する可能性は低いが歯磨きは徹底しよう!
青汁で歯が変色する可能性は低いといわれていますが、ゼロではありません。
特にお茶が配合された青汁だと大なり小なりステインの原因になる成分が含まれているので、
歯が変色する危険があります。
そのため、万が一のことも考えて、歯磨きを徹底した方がいいでしょう。

歯磨きで大事なのは、1本1本丁寧に磨くことです。
複数の歯をまとめて磨いている方が多いですが、それでは綺麗に汚れを落とすことができません。
横だけではなく、上下に磨く意識を持つとより綺麗に汚れを落とせます。
いつもより時間はかかりますが、丁寧に磨くことを意識すれば、歯の変色を効果的に防ぐことができます。

また、食後すぐに歯を磨いている方が多いと思いますが、これは間違ったやり方です。
食べた直後は歯がいつもよりも傷つきやすい状態なので、食後10分から30分程度経ってから磨くようにしましょう。
力の入れすぎも歯を傷つける原因になるので、優しく磨くというのも意識してください。

歯磨きを徹底すれば歯の変色だけではなく、虫歯も防げるので一石二鳥です。
歯の色が気になる方は、一度歯磨きを見直してはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁