青汁の効果を高めるコツ

青汁の便秘解消効果を高めるコツ

青汁に含まれている食物繊維には便秘解消効果があります。
食物繊維を摂ると腸内の善玉菌が増殖し、腸内環境を整えることができます。
便秘解消に最も大切な栄養素なので、野菜不足だと感じている人は青汁で補ってください。

ただ、青汁を飲んでも便秘が治らない人もいるでしょう。
そんな人は以下のことが関係しているかもしれないので見直してください。

■不溶性食物繊維の摂り過ぎ
食物繊維は便秘解消に有効な栄養素ですが、食べ方を間違えてしまうとお通じがさらに悪くなるので要注意です。
食物繊維には便を柔らかくする水溶性食物繊維(海藻、果物、こんにゃくなど)と
便意を促す不溶性食物繊維(野菜、豆類、穀類など)の2種類があります。
便秘気味の人が不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維を意識して摂りましょう。
不溶性食物繊維を過剰に摂取すると便秘が悪化します。
このようにただ食物繊維を摂ればいいというわけではないので気をつけてください。

■運動不足
青汁の便秘解消効果を高めたいなら必ず体を動かしてください。
運動不足だと青汁の便秘解消効果を弱めてしまいます。
かといってハードな運動をする必要はなく、ウォーキングやジョギング程度で十分です。
また、ラジオ体操もダイエットに有効なので、自宅で体を動かしたい人に向いています。

■水分不足
体内の水分不足が原因で便秘になっている人が多いです。
水分が足りないと便が硬くなり、いきんでも出すことができません。
お通じが悪い人は意識して水分補給をしてください。
本当は2リットル程度が理想ですが、水を飲む習慣がない人だと難しいと思うので、
1日1リットルから1.5リットルくらいを目安にしましょう。
こまめに水分を摂っていると次第に便が柔らかくなり、強くいきまなくても出せるようになります。

■体の冷え
体が冷えると腸内機能が低下して、お通じが悪くなります。
青汁で便秘を治すためにも、体の冷えを改善しましょう。
体を温める方法は色々ありますが、おすすめなのがお風呂です。
お風呂に入ってもシャワーだけという人は多いと思います。
シャワーだけだと皮膚の表面しか温めることができず、体の冷えを改善することはできません。
体の冷えを解消するには浴槽に浸からないといけないのです。
高温だと長時間浸かることができませんし、身体への負担も大きいので、
38度くらいの少しぬるいと感じる程度の温度が理想です。
このくらいの温度に設定して、半水浴を20分ほど続ければ体がポカポカになります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁