青汁の飲み方

青汁はまずくて飲めない?それは過去の話!

テレビCMの印象が強く「青汁はまずい!」と思っている方は多いでしょう。
このまずさが理由で、青汁に踏み切れない方もいると思います。
たしかに一昔前の青汁は青臭く、独特の風味があったので、お世辞にも美味しいとはいえませんでした。
しかし、それは過去の話です。
今の青汁はみなさんが思っているよりもずっと飲みやすく、中には美味しいものもあります。
きちんと選べば野菜嫌いな方や、味に敏感な子供でも飲めるものもあるので安心してください。





■どうして昔の青汁はまずかったのか?
昔の青汁がまずかった理由はとても単純で、どのメーカーも味を二の次に考えていたからです。
もともと栄養補給のために作られたものなので、味にこだわる方は少なく、メーカーも改善しませんでした。
ようは薬と同じように「まずくて当たり前」という考え方だったのです。
しかし、食べ物に溢れている現在は青汁を飲まなくても栄養補給ができるため、
「わざわざまずい青汁を飲むなんて」という方がたくさんいます。
このままでは青汁は売れないので、メーカーは味にもこだわることにしたというわけです。


■飲みやすさを重視するならケール青汁はNG
青汁にはケールや明日葉、大麦若葉など色々な材料が使用されていますが、一番飲みづらいのがケール青汁です。
ケールは野菜の王様といわれるほど栄養満点の野菜なので、昔から青汁によく使用されています。
しかし、問題となるのがケールの味です。
ケール青汁は独特の臭みがあり、野菜好きの方でも飲むのに苦労します。
野菜が苦手な方や子供だと間違いなく飲めないので、味を重視するのであれば避けた方がいいでしょう。
その臭みが好きという方もいますが、そうした方はほんのわずかに過ぎません。
よほどの青汁マニアではない限り、ケール青汁は買わない方がいいです。




■大麦若葉、明日葉、桑の葉の青汁なら飲みやすい
昔は材料がケールのみでしたが、今は他にもたくさんあります。
代表的なのが大麦若葉、明日葉、桑の葉の3つです。
これらの青汁はケールと比べると味・香りに臭みがなく、青汁嫌いな方でも気軽に飲むことができます。
しかも、栄養価もケールと同じくらいあるので、栄養面の心配もありません。
最近では、味にこだわるメーカーが増えているため、ケールではなく、大麦若葉を使用した青汁が増えています。


■どうすれば美味しい青汁を飲めるのか?
ケール青汁を避ければ少なくても飲めないなんてことはないと思いますが、
どうせなら少しでも美味しいものが飲みたいですよね。
しかし、この美味しい青汁を見つけるのが非常に大変です。
青汁の種類はとても多いですし、人によって味覚も違うので、同じ商品でも美味しいと感じる方もいれば、
飲みづらいと感じる方もいるでしょう。
そこで青汁を買う前にチェックしていただきたいのが口コミや体験談です。
色々な方の実際に飲んだ感想をチェックし、自分に合っているのかどうか考えてみてください。
口コミの評判がいい青汁なら失敗する可能性は低いです。


■いくら美味しくても添加物いっぱいの青汁はNG
美味しくするために添加物をたくさん使用されている青汁も中にはあります。
大量に添加物を使用すれば風味も食感も良くなり、美味しく飲めますが、
健康や効果を考えるならおすすめできません。
健康のために飲むのにわざわざ添加物を摂るのはおかしいですよね?
多少飲みづらい青汁でも飲み方次第で美味しく飲めるので、過度に味を重視するのはやめた方がいいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁