青汁の飲み方

青汁で便が緑色になるのはどうして?大丈夫なの?

青汁を飲んで便が緑色になったという口コミを目にすることもあるでしょう。
急に便の色が変わったらビックリしますし、ちょっと不安になりますよね・・・。
便は体調のバロメーターともいわれているので、「青汁が合わないのかな?」「上手く吸収されていないのかな?」
「なんかの病気かな?」などと心配になるのは当然のことです。
しかし、青汁を飲み始めてから便が緑色になるのはよくあることなので慌てないでください。
そのまま飲み続けても問題ないので、飲むのをやめる必要はありません。

ただ、大丈夫だといわれてもどうして便の色が緑になるのか気になりますよね?
どうして青汁で便の色が変わるのか?その理由について詳しく説明したいと思います。


■クロロフィル(葉緑素)が関係している
青汁で緑色の便が出る原因は、青汁に配合されているクロロフィルです。
ケール、大麦若葉、明日葉などの青汁によく使われている原料には
クロロフィルと呼ばれる成分が豊富に含まれています。
クロロフィルには消化吸収されないという特徴があり、その吸収されなかったクロロフィルが便と混じることで、
緑色の便になります

そのため、便が緑色になっても驚くことはありませんし、体に異変が起きているわけでもないので
安心してください。


■クロロフィル(葉緑素)の効果
あまり馴染みのない物質なので、クロロフィルと聞いてもどんな効果が期待できるのかよく分からないと思います。
具体的にどのような効果が期待できるのか紹介します。




・デトックス
クロロフィルの効果として有名なのがデトックスです。
体内に蓄積されている有害ミネラルや血液中の老廃物を吸収し、体外に排出する働きを持っています。
これは消化吸収されないクロロフィルならではの効果だといっていいでしょう。

・コレステロールの抑制
クロロフィルにはコレステロールを抑制する効果があります。
コレステロール値が安定するとドロドロ血液が改善され、高血圧や血糖値の上昇を抑えることができます。
生活習慣病の予防・改善にも役立つ栄養素です。

・抗酸化作用
老化を防ぐためには、体の酸化を防ぐ抗酸化物質が最適です。
クロロフィルは抗酸化物質の1つで、強い抗酸化作用を持っています。

・貧血防止
クロロフィルは貧血になりやすい女性におすすめの成分です。
赤血球と似た働きをするため、貧血予防に効果を発揮します。
貧血を改善したい方は、クロロフィルがたっぷりと含まれている青汁を飲んでみるのもいいでしょう。

・消臭効果
クロロフィルには消臭効果があります。
口臭が気になる方や体臭が気になる方は、青汁を飲んでみてください。
クロロフィルの働きによって、口臭や体臭を軽減できるかもしれません。


■緑色の便が出てもクロロフィルの働きは変わらない
先ほど緑色の便の正体はクロロフィルだとお話しましたが、
そうするとなんだかクロロフィルを摂っても意味がない気がしますよね?
しかし、吸収されなくてもクロロフィルの働きは変わりません。

クロロフィルは排出される前に体で分解されるので、必要なものは体内に残ります。
便に混じるクロロフィルは不要なものなので、
仮に便が緑色になってもクロロフィルの働きは期待できると思ってください。
もちろん、青汁に含まれるビタミンや食物繊維、ミネラルなども吸収されています。


■必ず緑色の便になるわけではない
青汁を飲んだからといって必ずしも便が緑色になるわけではありません。
飲み方や体質、体調によって左右されるので、飲んでも緑色にならない場合もあります。
なりやすいのが青汁をたくさん飲んだ時です。

また、飲み続けているうちに便の色が正常に戻っていくので安心してください。
緑色の便が気になる場合は、飲む量を減らしてみるのもいいかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁