青汁の飲み方

青汁を飲んだ方がいい年齢ってあるの?

「青汁を飲んでみたいけどまだ自分には早いかな?」と思っている方はいませんか?
青汁は中高年の飲み物というイメージが強いですが、年齢制限はないのでどなたでも飲むことができます。
むしろ、若いうちから飲んでおいた方が健康にはいいでしょうね。


■青汁に最適な年齢はない!飲みたいと思ったら飲もう!
青汁は子供から大人まで飲める健康的な飲み物です。
極端な話、赤ちゃんからでも飲むことができるので、特にいつから飲んだ方がいいというのはありません。
飲みたいと思った時、それが自分にとって最適なタイミングでしょう。

また、青汁を飲むなら早いうちから飲んだ方がいいといわれています。
子供の頃から野菜の味に慣れることで好き嫌いがなくなります。
大人になるとすでに好き嫌いが決まっているので、
いざ青汁を飲もうとしても味や香りに抵抗を感じて飲めない場合があるのです。
好き嫌いをなくすために青汁を活用するのもいいでしょう。


■高齢者に青汁が人気なのはどうして?
年齢制限がないのにどうして高齢者に青汁が人気なのか気になりますよね?
一番の理由は手軽に栄養を摂れるからです。
年齢を重ねるとどんどん消化機能が低下して、若い頃みたいにたくさん食べるのが難しくなります。
食事量が減ると栄養バランスも悪くなるので、手軽に栄養を補える青汁が人気というわけです。


■野菜不足が深刻な若い方こそ青汁を飲もう!
最も野菜不足が深刻だとされているのが、10代から20代の若い世代です。
野菜を食べず、お菓子やファーストフード、肉などを好んで食べるため、栄養不足が偏っています。
栄養バランスが偏ると身長が伸びくなったり、肥満にもなりやすいです。
健康に悪影響を与え、10代で生活習慣病にかかってしまう危険性もあるので、
早めに野菜不足を解消しないといけません。

勉強や部活、仕事に忙しくても青汁であればたったコップ1杯で野菜の栄養を摂ることができます。
青汁にはビタミンやミネラルなどの美肌を支える栄養素もたっぷりと含まれているので、
思春期のニキビケアにも効果的です。


■中高年にとっての青汁



よく中高年は青汁を飲んだ方がいいといわれていますが、これは事実です。
中高年になると生活習慣病やガンのリスクがアップします。
こうした病気を予防するのに青汁はとても有効な飲み物なので、
性別問わず中高年の方は積極的に飲まれた方がいいでしょう。
では、どうして中高年になると生活習慣病にかかりやすくなるのでしょうか?

中高年は10代、20代の次に野菜不足が深刻な世代だといわれています。
さらにタバコ、お酒、不規則な生活、運動不足、過度なストレスなども中高年に多く見られます。
このような生活を続けていると血糖値や血圧などに当然問題が出ますよね。
中高年は知らず知らずのうちに生活習慣病になりやすい生活をしており、
気づいた時にはすでに高血圧や動脈硬化、糖尿病などの病気にかかっているケースが多いです。

生活習慣病は最悪命を落とす怖い病気ですが、きちんと生活習慣を改善すれば予防可能です。
そのためにもまず野菜不足を解消するために青汁を飲んではいかがでしょうか。
青汁を飲めば不足している野菜の栄養を手軽に摂取でき、乱れた栄養バランスを改善できます。

また、野菜の栄養を摂ることで、疲れにくい体やストレスに負けない体を作ることだってできます。
生活習慣病が気になる方はもちろん、最近仕事に集中できない、体が重くて疲れやすい、
寝つきが悪いといった方にもおすすめです。

そして、中高年が生活習慣病以外にもう1つ注意したいのがガンです。
ガンは早期発見・早期治療をしないと命を落とすので、
発症リスクが高い中高年は日頃から注意しないといけません。
青汁に含まれているビタミン類には活性酸素を抑制し、ガンのリスクを減少させる働きがあります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁