青汁で期待するとしたら

青汁だけで野菜不足を解消できる??

最近、現代人の野菜不足が深刻化しているといわれています。
みなさんも思い当たる節はありませんか?
野菜を食べようにも料理を作るのが面倒だったり、野菜が高くて手を出せないという方は多いと思います。
青汁はそんな野菜不足解消に便利な飲み物ですが、「本当にこれだけで大丈夫なの?」と
心配な方もいるでしょう。
そこで、本当に青汁だけで野菜不足を解消できるのか?について考えていきます。


■1日に必要な野菜量は350g
厚生労働省の発表では、1日に必要な野菜の摂取量は350gだとされています。
しかし、350gがどのくらいの量なのかよく分かりませんよね?
この量は生野菜の場合、大きな皿に山盛りに盛ってもいくかいかないかの量だと思ってください。
いくら野菜好きの方でもそんな大量の野菜を食べるのは厳しいですよね・・・。
野菜嫌いの方だと死ぬ思いをしながら食べることになります。
つまり、毎日350gの野菜を食べ続けるのは現実的に非常に難しいということです。



■青汁で摂取できる野菜量は?
商品によっても異なりますが、青汁コップ1杯で摂取できる野菜量は50から100g程度です。
単純に考えるとコップ4杯から6杯ほど青汁を飲めば1日の野菜量を摂取できる計算になります。
しかも、ものによっては酵素や美容成分も一緒に摂取できるので、とても便利な存在だといえます。


■ただ、青汁だけで野菜不足を解消するのは厳しい
青汁をコップ4杯から6杯ほど飲めば1日の野菜量を摂取できますが、
だからといって野菜を食べなくてもいいということにはなりません。
青汁はケールや大麦若葉、明日葉などの緑黄色野菜をメインに作られているため、
淡色野菜(ニンジン、カブ、トマトなど)は摂取できないのです。
厚生労働省が発表している1日の野菜量は緑黄色野菜と淡色野菜を合わせた数字なので、
結論をいうと青汁だけでは野菜不足を解消できません。
さらにいくら青汁が栄養豊富といっても加工されていることには変わりないので、
食事から摂取した方がベストです。


■あくまでも青汁はサポート的な役割だと考えよう
野菜不足を解消するなら青汁だけに頼らず、きちんと食事からも野菜を摂ってください。
普段の食事で足りない量を青汁で補うというのが理想です。
もし、なかなか食事で野菜を摂れない場合は、最悪淡色野菜だけはしっかりと食事から摂って、
緑黄色野菜は青汁で補うという方法もいいでしょう。
どちらにしても青汁だけでは心もとないので、できる限り野菜を食べる努力をしてください。


■青汁の飲み過ぎに要注意
野菜不足を解消したいために青汁を1日に大量に飲む方もいますが、あまり褒められた飲み方ではありません。
たしかに青汁は健康にいい飲み物ですが、青汁ばかり飲んでいると栄養バランスが偏ってしまいます。
また、食物繊維を大量に摂取してしまい、お腹の調子が悪くなったり、栄養過多になる可能性もあります。
安全に青汁を飲むためにも商品に記載されている目安量を必ず守ってください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁