青汁で期待するとしたら

青汁が老化予防になる理由

年齢を重ねると様々な部分に老いを感じるようになります。
中でも特に目立つのが顔ですよね。
30代や40代になると肌の老化が顕著に現れはじめ、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルに
悩まされることが多いです。
しかし、老化現象だから仕方がないとそこで諦めてしまうとさらに悪化します。
どんどん肌トラブルが目立つようになり、実年齢よりもかなり高く見られてしまいます。

老化を予防するのに効果的だといわれているのが青汁です。
健康効果のイメージが強い青汁ですが、実はアンチエイジングも期待できます。
加齢による肌トラブルや体調不良が気になる方は、試しに青汁を飲んでみるのもいいでしょう。




■老化を引き起こす活性酸素
老化と青汁の関係性をお話しする前に「老化がどうして起こるのか?」について説明したいと思います。
老化と深く関係しているのが活性酸素と呼ばれる物質です。
活性酸素は酸素を吸えば自然に発生する物質で、増えすぎると細胞の酸化を促します。
細胞が酸化すると抵抗力や新陳代謝が悪くなり、老化を引き起こすので、
活性酸素が老化の原因の1つだといわれています。


そして、活性酸素が体に与える影響は老化だけではありません。
様々な体のトラブルと繋がっています。
肌荒れ、糖尿病、ガン、動脈硬化、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症、脳卒中なども
活性酸素が増えることで引き起こされます。



■加齢だけではない!乱れた生活習慣も活性酸素を増やす
年齢を重ねると体の機能が低下するため、活性酸素が増えやすくなります。
ただ、活性酸素が増える原因は加齢だけではありません。
普段何気なく行っている生活習慣とも関係しているので、年齢問わずみなさんが注意する必要があります。

たとえば、ストレスを溜めこんでいる、タバコを吸っている、お酒を飲んでいる、
栄養バランスの悪い食事をしている、ハードな運動をしている、不規則な生活をしている
といった方は要注意です。
こうした生活を続けていると活性酸素がどんどん増えていき、老化を早めてしまいます。
生活習慣病やガンなどの病気のリスクも高めてしまうので、
特に中高年の方は生活習慣を見直した方がいいでしょう。


■抗酸化物質が活性酸素の除去に有効
活性酸素対策として効果的だといわれているのが野菜や果物に含まれている抗酸化物質です。
抗酸化物質には活性酸素を除去し、体の酸化を防ぐ作用があります。
40代頃から体内の抗酸化物質が一気に減少するとされているので、
中高年の方は意識的に抗酸化物質を含む食品を食べた方がいいでしょう。

ポリフェノール、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを豊富に含む食品は抗酸化物質をたっぷりと摂取できます。
ただ、こればかりを食べても栄養が偏ってしまうので、他の栄養もきちんと摂ってください。


■青汁のSOD酵素で老化を防ぐ!
青汁には非常に強い抗酸化作用を持つ「SOD酵素」が含まれています。
この酵素が配合されているから老化予防に効果があるといわれているのです。
SOD酵素には活性酸素による老化を防ぐ働きの他、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防する効果もあります。

SOD酵素はケールや大麦若葉、明日葉にしか豊富に含まれていないので、
普段の食事から摂取するのは難しいですが、青汁なら簡単です。
これらの素材は青汁によく使われているので、基本的にどの商品を飲んでも摂取できます。
しかも、SOD酵素以外にβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなども多く含まれているので、
青汁1つで様々な抗酸化物質を取り入れることが可能です。

青汁だけでも老化予防には繋がりますが、きちんと規則正しい生活、禁煙、節酒なども心がけましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁口コミ

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法

 

 

 

極の青汁

 

めっちゃたっぷり フルーツ青汁