スムージーやジュースとの違い

野菜ジュースと青汁は一緒?なにが違うの?

野菜を手軽に補える飲み物として有名なのが青汁と野菜ジュースです。
どちらも人気があり、スーパーやコンビニ、ドラッグストアに行くと簡単に入手できます。
そんな人気の健康飲料ですが、青汁と野菜ジュースの違いをご存知でしょうか?
一緒だと勘違いされている方もいるかもしれないので、青汁と野菜ジュースの違いについて詳しく説明します。




■青汁と野菜ジュースの大きな違い

・素材が違う
青汁と野菜ジュースでは使用されている素材が大きく異なります。
青汁は栄養価重視の緑黄色野菜、野菜ジュースは様々な野菜や果物を原料として使用しています。
とにかく野菜の栄養を摂りたいなら青汁の方がいいでしょう。

・製造方法が違う
青汁と野菜ジュースは似たような飲み物ですが、製造方法が違います。
どの野菜ジュースにも人口甘味料や保存料がたっぷりと配合されていますが、
青汁には入っていないものもたくさんあります。
また、野菜ジュースは加熱処理してあるので、栄養素が破壊されている可能性が高いです。

・味が違う
飲み比べると青汁と野菜ジュースではまったく違います。
飲みやすさは断然野菜ジュースです。
野菜以外に果物や人口甘味料も使用されているので甘味があります。
ただ、その分カロリーや糖分は青汁よりも遥かに多いです。

・栄養素が違う
使用されている素材が異なるので、当然栄養価も違います。
青汁と比べると野菜ジュースは栄養価は少なく、飲んでも1日の野菜量を補うのは難しいです。
食物繊維や酵素も青汁の方がたっぷりと入っています。

・形状が違う
野菜ジュースはジュースタイプしかありませんが、青汁の場合は冷凍、粉末、ジュース、サプリメント、ジェルなど
バリエーションが豊富です。
野菜の味が本当に苦手という方でもサプリメントやジェルタイプの青汁なら飲めると思います。


■飲みやすさ・手軽さをとるなら野菜ジュース
飲みやすさを重視するなら青汁よりも野菜ジュースでしょう。
飲みやすい青汁もありますが、それでも野菜ジュースと比べると苦みや臭みがあります。
野菜ジュースは甘くて美味しいものが多いので、野菜嫌いな方でも飲むことができます。
フルーツ系の野菜ジュースなら小さな子供でも美味しく飲めると思います。
また、パックや缶になっていて作る手間がない、
コンビニに行けばすぐに買えるというのも野菜ジュースの魅力です。

ただし、野菜ジュースはカロリー・糖分が高いので飲み過ぎに気をつけないといけません。
飲みやすくするために果物を使ったり、人口甘味料を入れたり、様々な工夫をしているので、
青汁と比べるとカロリーが高いです。
たくさん飲むと健康にとって逆にマイナスになってしまう可能性があります。


■野菜不足を解消したいなら青汁が一番
野菜ジュースにも野菜の栄養は入っていますが、青汁と比べると物足りないです。
本気で野菜不足を解消したいなら野菜ジュースではなく、青汁を飲みましょう。
青汁の方が栄養価が高いですし、余分なものも入っていないので、健康にいい飲み物だといえます。
野菜ジュースよりもカロリーが非常に低く、毎日飲んでも太ることはありません。
食物繊維がたっぷりと配合されているので、便秘を改善したい方も青汁を選ぶといいでしょう。

しかし、青汁には飲みにくいという欠点があります。
野菜ジュースは飲めるけど青汁は飲めない!こういった方は多いと思います。
たしかに野菜ジュースと比べるとクセがありますが、
ちょっと飲み方を工夫するだけで美味しく飲むことができます。

野菜の味が苦手な方は、クセの強いケールではなく、臭みが少ない大麦若葉や明日葉の青汁を選びましょう。
これだけでも十分飲みやすくなりますが、牛乳で割るとさらに飲みやすくなります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁

 

人気の青汁ご紹介

 

青汁の効果を高めるコツ

 

スムージーやジュースとの違い

 

青汁の飲み方

 

青汁で期待するとしたら

 

青汁の嘘?本当?

 

青汁の選び方

 

青汁をお得に飲む方法